自転車はエコなのか?

エコの話しはいつも疑って聞いている。 エコの話はまやかし、嘘が多い。 特に企業が言うエコは、眉唾物が多い。 要らない電気は消しましょう。 出されたものは残さず食べる。 華美な事はせず、質素、シンプルに生きる。 そんな、ごく普通の暮らしから発する…

オヤジが箱に入っていても可愛くないし。

ハッと気が付いた時には、車は正面に迫ってきていた! 身体は本能的に左端へ自転車を寄せる。 ちょっとびっくりしたが、離合は難しくない道路の幅だ。 しかし、車は何故か同時に同じ方向へ! 死ぬ。 1988年の早春の事だ。 寒いスイスから逃れ所属チーム…

法話に心を打たれる

先日叔母が亡くなった。 調子が悪いなと思った時にはすでに手遅れで 医者から淡々と余命を宣告された。 転移が各所にみられ、緊急を要する部位を 切除する手術を受けたが、結局宣告された余命より ずっと早くこの世を去った。 手術してからはずっと調子が悪…

嫌いだけど好き!

エアコンが嫌いだ。 その反面、とても恩恵にあずかっている。 職場でも、家でもお店でも。 嫌いな部分は、エコでない部分と不快な感覚。 自然な環境で暮らしたいという想いが有るが、 そんな理想がかき消されるほどに大阪の夏は過酷だ。 家に帰り、部屋中に…

労働意欲の源泉は・・・

なんと表現したらいいのだろう。 殺人的と言うか、皮膚をじりじりと焼かれる感覚。 湿度はMaxでエアコンの部屋から出るとムッとする。 毎年こんなに暑かったかな。 30度前後までなら、気合で我慢が出来るのだが、 そこから先はダメ。 35度越えはスポー…

子供の頃よくパンツのゴムが伸びたよな・・・

練習を沢山し、食事も工夫して試合に向けて、ピーキングをする。 肉体と精神が張り詰めて、”ああ今非常にいい状態にあるな”と 思える時が有る。 実際走っても、調子よく走れるのだが、この状態は要注意だ。 運動と言う刺激を与え続けなければ、競技者は普通…

実業団石川

実業団石川ロードが終わった。 開催地は福島県石川町。 サブタイトルは東⽇本大震災復興⽀援大会となっている。 表面上は何も震災の影響を感じないのだが、やはり風評被害が 根強くあり、観光や農産物の被害はいまだに残っているらしい。 スタート地点は学…

求める答えはどこにあるのか

こんな話を聞いたことは無いだろうか・・・ 「仏師は、木に仏を彫るのではなく、木の中に埋まっている仏様を顕わす」 つまり仏像は”木を彫る”のではなく仏様を”掘り出す”ということらしい。 人間ごときが仏様を創るのではなく、実体はもとよりそこにあると…

水分補給と環境負荷

自転車に興味を持ったのが中学生のころ。 それからしばらくはツーリングを楽しんでいた。 高校2年生からは自転車競技に没頭した。 ちょうどその頃、ポカリスエットが発売された。 機能性飲料のはしりだったっと思う。 試合では、スペシャルドリンク気取り…

雨に想う

土曜日はマツケンプレゼンツの早朝練習へ行った。 あまりにも暑く、日中走ると無駄に体力を消耗し、 筋肉への刺激どころか、熱との戦いに体力を消耗し、 その疲れを練習の疲れと勘違いをしてしまう。 これからの季節は朝練、夜錬を有効活用して熱との戦いを…

ネタバレ厳禁!

外から情報が入ると、その情報がベースとなり、 フィルターがかかって、そのものの実態が見えにくくなる。 例えば、ある人について噂話や過去の話を事前に聞いてしまうと、 同じ人が目の前にいても、その人の顔を見るたびにその話を思い出してしまい、 その…

ポジションの把握

ちょっと古い話になってしまったが・・・ 土曜日はチームの練習に参加した。 1stではFJTが漢気を出してスタートから踏む。 それを中盤からカーロスが引きつぎ、ペースが落ちない。 私は最後まで何とか残るべく、ぶら下がる。 最後は前に出ようとするが、FJT…

探す

時折聞こえる、キュル、キュルと言う音。 始めは鳥の無き声かと思ったが、どうも自分の自転車が発生源だ。 ペダルを回し、1回転に一度なら、ペダルやクランク周りだと断定できる。 不定期に音鳴りするので、別の場所を検索する。 実は先般の西クラ前に、試…

全日本選手権に思う

西日本クラッシックで前半戦が終わり、次のレースまで間が開いた。 1週間ほど適当に過ごそうと心に決めたはずなのに、 火曜日にはローラーに乗り、木曜日には朝練へ行ってしまう。 木曜日の朝練は、定例で行われている朝練に参加せず一人で走った。 人と絡…

失われつつある職人技 後篇

決選用のチューブラーホイールの試合前の試し履きであったり、 気合の入った、チューブラー好き以外には利用度の低いチューブラーの パンク修理技術だが、せっかくの技術が時代の波に飲まれるのを 看過するのはちょっと心苦しいので、前篇に続き実際の修理…

失われつつある職人技 前篇

6年ほど前に、再びロードに乗り始めた。 17シーズン程のお休みを頂いていた訳だが、 その間に機材は大きく変わった。 鉄のフレームはカーボンに取って代わった。 タイヤはチューブラーからクリンチャーに。 最初は違和感が思いきりあった。 ”競技者はチュ…

競技者の重大関心事とは

先日の西日本クラッシックで自転車の重量チェックが有った。 全員の自転車のチェックをしていて、公平で良いなと。 いつ決まったのかは知らない。自転車の重量規制。 少なくとも、1990年時点では、無かったルールだ。 自転車乗りにとって、自転車の重量…

ソクラテスかプラトンか。

無知の知という言葉を知っているだろうか。 自分が無知であるということを知っているということ。 哲学者ソクラテスの言葉であり概念だ。 初めてこの言葉に接したのは高校の倫理社会の授業だった。 一体何を言っているのかわからず、心に染みなかったのを覚…

嬉しくもあり、悔しくもある。

最終回の登り、オールアウト一歩手前の嗚咽モードに突入していた。 横を走っていたミッチーが見るに見かねて、声をかけてくれた。 冷静でいて、そして力強く『あと5分ですよ』と。 あの瞬間に喝が入った。 久しぶりの西日本実業団。 しかし最近改名して西…

ええっっ!・・・折れてるし。

実業団選手の聖地は・・・ 人によって違うだろうが、1990年に世界選手権が行われた都宮市森林公園、 または全日本が行われる岩手県八幡平や広島県中央森林公園だろうか。 私達の時代の競技選手にとっては、全日本選手権や全日本実業団が 幾度も開催された伊…

ボケもツッコミも不要の世界

日曜日の朝、まっちゃんの勝尾寺TTを見届けた。 これがパワーマネジメント時代の山岳TTなのか! まっちゃんの真剣TTの後ろに付きながら思っていた。 突込みがちょっと遅くないか? 勝尾寺のTTはボケはいらんが、ツッコミは大事だぞと。 良いタイムを出すに…

季節を感じる

私たちの住む日本は一年を通じて四季が有り、 季節の移り変わりは、日本人の心に多くの潤いを与える。 しかし、昨今の日本は季節感が薄れ、心に染みるような 季節の移り変わりを、感じる瞬間が無くなりつつある気がする。 私達・・・朝練に勤しむ者たちは例…

気分を変える

慣れ、飽き、マンネリが一番怖い。 だから適度に機材を更新して新たな気持ちで頑張る。 ちょっとしたことで、気分が変わるものだ。 26歳までは選手一本で来たので、視力は抜群だった。 27歳からの事務仕事で一気に目が悪くなり、今ではメガネ。 選手時代…

3day's ROAD 熊野

堺クリテからチームの勢いが止まらない! 堺ではE1、E2共に優勝し、レースを完全制覇した。 そして、その流れは勢いを増して熊野へ。 3 day's Road 熊野 私は土日だけだが、多くのチーム員は3日間のステージレースを 戦い、そして楽しんだ。 〇1日目、な…

レミングと選手の向かう先は・・・

「レミングの集団自殺」を知っているだろうか。 レミングは日本名で旅鼠と言うらしい。 そのレミングは、極端に個体数が増えた時に 集団移動をし、あげくの果ては川や海へ向かい 集団自殺をすると言われている。 集団は種の保存の為に、本能的にそういう行…

すぐそこにある地獄とは

ほとんどの場合は、『最近調子が悪い』ってぼやきが大半だけど、 今はちょっと違って、堺クリテの前からの調子の良さが維持されている。 週末は一人で走った。100キロほど北摂の山を走り、野間峠を越えて 裏高山で帰ったが、そこで、今季最高タイムを記…

ルービックキューブの解法

ルービックキューブ。 昔流行った正六面体の色合わせパズル。 誰でも知ってるロングセラーだ。 中学くらいに流行が来て、しっかりハマったものだ。 今でこそインターネットに解法が上がってるが、 当時はそんなものもなく、揃えたければ自分で頑張るしかな…

堺クリテリュウム

土曜日に家を出て数百メートル走った場所で気づく脚の異変。 異変と言っても良い方の感覚。 同じ場所を同じスピードで走った時の、心拍の上りと脚の感覚が 普段と違い、とても楽に感じた。 明日は堺クリテリュウムなので軽く心拍を上げにチームの朝練へ。 …

伝説の創業者とのいちゃんの共通点は

私の家庭は子供の頃から商売をしていた。 だから、子供の頃から漠然と、自分は勤め人でなく 商売人になると思っていた。 ある時期は、ディスカウントショップと言うよりバッタ屋と 言ったほうがイメージに合うが、そんな商売をしたいと 思っていた時期があ…

続けて行くこと

久しぶりに合同の朝練。 GWや土日で日が開いてしまった。 参加者は遠路遥々イシトモ君に常連ののいちゃん、ジョニー、さとる、私。 皆強くなりたい気持ちにあふれている。 素晴らしい。