読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイヤと畳は新しいほうが良い。

週末の淡路島練習や春合宿の話しでLINEや掲示板が盛り上がっている。

なんだかんだ言っても、この時期が自転車競技者にとって一番大事。

良いトレーニングを積んで、冬、春を過ごすことが出来ると実力が一段かさ上げされる。

寒く、路面状況も悪いし、調子の上がらない季節でもあるが、めげずに積み重ねて欲しい。

これは今年実業団登録する自分への言葉でもある。

週末の淡路島練習を控え、ちょっとお願い、と言うより指導。

 

 ”ボロタイヤは駄目よ”

 

遡ること30年以上前、イトーレーシング時代の事。

ボロタイヤ〇〇と、あだ名をつけられる同い年の選手がいた。

チームの練習が佳境に達し、千切れるかと言うところで”バーン”とバースト。

自爆装置が付いているのか?・・・

これが何度か続き、ついには、そんな不名誉なあだ名がつけられた。

当時は高校生で、お金もなかったし、チューブラーの糸をほどいて、

パンク修理は普通の話しで、みんなボロタイヤだったな。

ボロタイヤ〇〇君だけじゃなくて、もちろん私も。

今では、お酒の場の笑い話。

 

タイヤが新しければ必ずパンクしないってものではないけど、やっぱりトレッド

薄くなったタイヤは物理的にパンクしやすい。

金銭的な問題もあるので、最後までタイヤを使い切るのも、それはそれで本人次第だが、

少なくとも、チームの練習ではそれなりのタイヤをつけて挑んで欲しい。

特に合宿とか、イベントランでは通常の高山行の朝練と違い、パンクした人を置いては行けない。

一人のパンクで、10人の足が止まる。

何度もパンクが有ると、練習のリズムも崩れて、密度が薄くなる。

千切れかけのところで、やられてうれしい場合もあるけど、それは別の話しだな。

 

パンクは偶然なので、誰も悪くはないが、新しいタイヤで確率を下げる事は出来る。

明かな、ボロタイヤは交換して参加することをお願いしておく。

でないと・・・

 

  皆に”ボロタイヤ〇〇”って呼ばれる事になる。